九州を拠点に365日・24時間物流に携わり3温度帯管理輸送を提供いたします。

menu

サイトマップ

九州を拠点に365日・24時間物流に携わり3温度帯管理輸送を提供いたします。

無事故、3種の神器

水平線からモクモクとソフトクリーム状の雲が広がり、鹿児島はすっかり夏模様です。

さて、夏休みは交通量が増えてきます。
当社では「事故ゼロ」を目指し、日々精進中ですが、無事故へのアプローチの一環として、営業所ごとに無事故日数をカウントしております。
その中でダントツ無事故日数が長いのが「川内営業所」であります。

なぜ川内営業所は事故が起こらないのだろう・・・・

その原因を探ったところ、
「3種の神器」とも呼べるポイントが見つかりましたので以下ご紹介いたします。

 

【神器その1-車両の清掃(車を大切にする気持ち)】

20090720-1

川内営業所には立派な洗車機があるわけではありません。
原始的なホースとブラシ、そしてドライバーの心遣いで車両はいつもピカピカです。
次にすぐ乗り継ぎ者がいる場合にも、礼儀として車両の清掃行って受け渡すことで、常に皆が車両を大切にする気持ちが育くまれているようです。

 

【神器その2-出発前の無事故祈願】

20090720-2

出発点呼後、神棚に向かって行う「安全祈願」。
全ドライバーの日課です。
川内営業所は守られております。

 

【神器その3-整理整頓】

20090720-3

20090720-4

これは撮影用ではありません。 
営業所が管理を任された倉庫内の日常の姿です。
ご覧のとおり、マテハン(物流機器類)がピチーッと整理されております。

神器その1にも通じますが、
設備の清掃・点検・整理などは、真剣にやればやるほど愛着がわき、普段は何気なく見過ごしている微欠陥が気になります。
これは人間の気持ちが素直になり、現実を直視し、相手のことを心配する気持ちや反省する気持ちが生まれるからだそうです。

ドライバーはこのセンターから荷を運び出すことが多いのですが、「整理整頓→雑念の排除・素直な気持ち・物への愛着→無事故」このような方程式が出来上がってる気がいたします。

 

 

お電話・FAXからのお問合せ
メールでのお問合せ メールでのお問合せ メールでのお問合せ
トップへ戻る