九州を拠点に365日・24時間物流に携わり3温度帯管理輸送を提供いたします。

menu

サイトマップ

九州を拠点に365日・24時間物流に携わり3温度帯管理輸送を提供いたします。

南九州物流センター センター長  中間 建作

南九州物流センター センター長 中間 建作

日本の「食」を支える一員として、
何事にも積極果敢にチャレンジを。

南九州を代表する大型総合物流センターとして鹿児島市郊外に開設された「南九州物流センター」。入社20年のキャリアを誇るセンター長の中間 建作さんに、仕事の魅力を伺いました。


  • インタビュアー
  • 現在の業務内容を教えてください。
  • 中間さん
  • 南九州物流センターには、ドライバー職、庫内職、業務職など管理職も含め、約140名の社員が在籍しています。センター長として心掛けているのは、スタッフとのコミュニケーションを深めることです。日常業務では接点の少ないスタッフにも休憩時間に声掛けすることで、組織や業務の改善点に気付かされることがあります。管理者として現状認識、問題点、解決策を常に考え、社員にとって働きやすい職場環境作りをしています。
  • インタビュアー
  • 園田陸運株式会社は、どのような会社でしょうか。
  • 中間さん
  • 私たち園田陸運では、食品の冷凍・チルド・常温といった「3温度帯」の保管および配送を行っています。また、荷物を運ぶだけではなく、お客様の物流における管理・業務を一括して請け負う「3PLサービス」も実施しており、お客様のご要望に応じ、「物流部門」として、最適な物流システムをご提案しています。
  • インタビュアー
  • 中間さんご自身は、仕事のどのような点にやりがいを感じていらっしゃいますか?
  • 中間さん
  • 園田陸運では、物流に掛かる配送コスト削減のために、同一方面への荷物の「積み合わせ」を行い、これにより物量を確保し、配送コストを抑えることが出来ています。また、小口共同配送を運用することにより、環境への負担低減も出来ていることに、「やりがい」を感じています。
  • インタビュアー
  • 今、園田陸運が求める人物像について教えてください。
  • 中間さん
  • 何よりもやる気がある方を求めています。個人的にはスポーツをしているなど、学生時代に縦社会で揉まれた経験のある人は強みになるのではないかと思います。スポーツの経験がなくても、さまざまなことにチャレンジする気概のある方にぜひ来ていただきたいですね。
  • インタビュアー
  • 先輩として、入社を検討している学生さんへメッセージをお願いします。
  • 中間さん
  • かつての運送・物流業界には、きつい、危険といったイメージがありましたが、そんな業界のマイナスイメージを払拭できる会社が園田陸運です。近年、弊社では責任ある業務を任される若手社員が多く、女性も各部署で活躍しています。日本の食を支える一員として、さまざまなことにチャレンジしたいという方のご応募をお待ちしています。
Profile

中間 建作。南九州物流センター センター長。1996年入社。ドライバーとしてのキャリアは10年、川内営業所・所長から南九州物流センター2課課長を経て、2016年4月より現職。
鹿児島県薩摩川内市甑島出身。学生時代はバレーボール部に所属。入社時は、とにかく道路を覚えることに必死だったそうです。明るく真面目な人柄で140名にものぼる南九州物流センターのスタッフを束ねる。

南九州物流センター センター長 中間 建作

その他のインタビュー

お電話・FAXからのお問合せ
メールでのお問合せ メールでのお問合せ メールでのお問合せ
トップへ戻る